帰化の話

帰化の話
「簡易帰化」とは

 帰化の要件は、国籍法に定められていますが、その審査は非常に厳しいものとなっています。 ただし、一定の要件に該当する場合には、帰化の要件が緩和されます。 これを「簡易帰化」と呼んでいます。 具体的な、要件と緩和条件は以下 […]

続きを読む
帰化の話
永住申請や帰化申請をお考えの人が相談すべき行政書士とは?

 永住申請や帰化申請は、許可の要件が厳しいため、個人で申請するにはハードルが高いと言えます。 そのため、永住申請や帰化申請をお考えの場合には、外国人の入管業務をメインに行っている行政書士に相談することをお勧めします。 た […]

続きを読む
帰化の話
在留資格で1年の期間しか許可されていない場合、帰化が認められるか?

 日本に住む外国人は何らかの在留資格を持っています。 その外国人が帰化申請する場合、許可されている在留期間が3年以上であることが必要です。 在留期間が1年しか許可されていない場合、たとえ帰化申請しても不許可になります。  […]

続きを読む
帰化の話
日本人と婚姻している外国人が帰化する場合の要件

 日本に帰化する場合、住所要件として、引き続き5年以上日本に住んでいることが必要です。 また、そのうち、3年以上は、就労ビザで在留していることが必要です。 しかしながら、日本人と結婚している外国人(日本人の配偶者)が帰化 […]

続きを読む
帰化の話
「永住者」と「帰化」の違い

 「永住者」の在留資格は、在留期間の定めがなく、日本での活動内容に制限がありません。 日本での活動内容に制限がない在留資格には、「日本人の配偶者等」、「永住者の配偶者等」及び「定住者」がありますが、これらは、在留期間の定 […]

続きを読む
帰化の話
帰化申請する場合の日本語要件

 日本への帰化について定めている「国籍法」には、帰化の条件としての日本語の要件についての規定はありません。 しかしながら、実際には、日本に帰化する際には、日本語能力が求められます。 日本に帰化するということは、これから日 […]

続きを読む
帰化の話
帰化申請する場合の居住要件

 日本に帰化申請する場合も、永住申請と同様、居住要件があります。 永住申請の場合、原則として「引き続き10年以上日本に居住していること」という要件がありますが、帰化申請の場合は、「引き続き5年以上日本に居住していること」 […]

続きを読む
帰化の話
交通違反でも、内容や頻度によっては「帰化」が認められません。

 「帰化」の要件の1つとして「素行が善良であること」というのがあります。 犯罪を犯して懲役等の刑罰を受けた、というような「退去強制事由」に該当するような場合はもちろんですが、退去強制事由に該当しないような交通違反でも「帰 […]

続きを読む
帰化の話
日本に帰化したら、母国の国籍を放棄する必要があります。

 日本に住む外国人が、帰化する場合、母国の国籍を放棄する必要があります。 これは、日本が二重国籍を認めていないためです。  そのため、帰化が認められた外国人は、日本の国籍の選択を宣言する必要があります。 具体的には、住ん […]

続きを読む
帰化の話
「帰化」の条件の1つである「素行条件」とは

 「帰化」が認められるためには、以下の条件があります。 住所条件 能力条件 素行条件 生計条件 重国籍防止条件 憲法遵守条件  そのうちの「素行条件」については、国籍法では「素行が善良であること」と規定されているのみでで […]

続きを読む